YUHAの日常

ひとり旅。食べること。カメラ。音楽等々。 僕と君とでゆるーくいきましょ。

冬なので部屋を模様替え

みなさん、お久しぶりです!(^o^)

 

最近寒くなってきてすっかり冬ですね!

年末に向かってる感じがするこの時期が好き。

 

先日、部屋内で前々から気になっていた部分を取り替えて模様替えしました。

 

模様替え前の部屋はこんな感じ。

f:id:yuha_live_freely:20181119011232j:image

 

気になっている部分はこたつ机の色とサイズ。

ディスプレイ周りのごちゃごちゃ感。

 

Amazonで色々購入しました。

f:id:yuha_live_freely:20181119011359j:image

買ったものは、こたつ机、こたつ布団、 PC用ローデスク、座椅子、テレビ。

全部で7万円ぐらい。

 

模様替え後のお部屋はこんな感じになりました!

f:id:yuha_live_freely:20181119011502j:image

こたつ机を黒にして、正方形から長方形にしました。

これで机を広く使える。

 

そして、窓際にローデスクを置いて、そっちにディスプレイとゲーム機類をまとめました。

 

これですっきり。

また家の居心地がよくなったので引きこもりがはかどりそうです(笑)

 

冬っていいよなー。なぜかワクワクするんです。

 

北東北の旅最終日にやらかした話

 

今朝、ガバッと目を覚まして時間を確認したときに目を疑いました。

 

なんと飛行機出発時間1時間前の8時。

ホテルから空港までは1時間ちょっとかかります。

 

この時点で乗り遅れ確定です。

 

今日中に鹿児島に帰らないといけないのに仙台で飛行機に乗り遅れた時の絶望感……。

 

関空から鹿児島までの便は19時発なのでまだまだ時間に余裕はあります。

 

なんとかして大阪まで行かなくては。 

 

僕が元々予約していた便はpeach航空のシンプルプランなので便の変更やキャンセルは厳しい。

LCCのデメリットを身をもって体験する羽目になりました。(完全に自業自得ですが)

 

すぐに他の便がないか、周辺の空港から行かないかなどなど調べました。

あるにはありますが、当日の予約となるとどの便もすごく高く、結局大阪まで新幹線で行くことを決意。

 

仙台から大阪まで、東京で乗り換え時間込みで新幹線で約6時間。

金額は2万円ちょい。

時間とお金をドブに捨ててしまいました……。

 

途中で初めて駅弁を食べました。

僕にはちょっと大人すぎる味。

f:id:yuha_live_freely:20181029202910j:image

 

関空に着いたのは18時頃。

満身創痍です。

 

鹿児島空港に20時半に到着。

そこからバスに乗って帰宅したのは22時。

疲れた……。

f:id:yuha_live_freely:20181029234754j:image

 

 

最後の最後にやらかしましたぁぁぁぁ!

 

改めて自分のポンコツさを反省するとともに、

やはり今後はpeachシンプルプランは利用しないと決めた日でした。

 

また明日から仕事頑張るぞーー!!

f:id:yuha_live_freely:20181029234811p:image

f:id:yuha_live_freely:20181029234822p:image

 

旅日記⑯〜岩手編〜

今日は昨日の疲労のせいで9時半まで寝てた。

ホテルを出発したのは11時。

 

ホテルから歩いて5分ぐらいのところに商店街があった。

結構大きい商店街。

f:id:yuha_live_freely:20181028171932j:image

 

こことは別にアーケード街もあるらしくて、盛岡って栄えてるんだなーという印象。

 

僕の地元の宮崎市より人口は少ないはずなのに賑わっているように見えました。

 

商店街から15分ぐらい歩いて盛岡駅に到着。

起きるのが遅かったせいでお昼時。

 

岩手に来たからにはと、わんこそばを食べることにしました!

でもちょっと怖くて、挑戦するかギリギリまで迷ってました(笑)

 

わんこそばを食べるお店は「東家 盛岡駅前店」

東家というお店が有名らしく、ここはその駅前店。

他にも数店舗あるようです。

 

日曜の昼時ということもあり、結構待つかなーと思ったのですが、15分ぐらいで入ることができました。

予約もできるそうですが、僕は予約なしでも入れました。

 

3200円のわんこそばを注文。

店員さんがそばの入った小さなお椀を15杯ずつお盆に乗せて運んでくれます。

だいたいお椀15杯でかけ蕎麦1杯分とのことで、男性の平均が45〜60杯だそう。

僕の目標は100杯。

100杯を超えると記録が書かれた小さな木の板を記念でもらえるそう。

 

ドキドキしながらスタート!

1杯1口サイズなので最初のうちは余裕があります。

15杯食べ終わった時点で、

あれ?これ意外といけるな!!

と思ったのですが、60杯目ぐらいから飲み込めなくなってきました。

 

海苔やワサビを加えながらなんとか食べ進めます。

 

もうお腹いっぱいだ……と思ったところで自分のお椀に蓋を被せて終了。

 

記録は107杯!!!

 

目標達成です!

 

記録が記載された記念の板と紙をもらいました。

紙の方は参加すれば誰でももらえるみたいです!

f:id:yuha_live_freely:20181029000216j:image

 

記念写真も撮ってくれました。

いい思い出になりそう。

 

盛岡駅に変なキャラクターがいました。

わんこそばのキャラクター?

ラグビーのワールドカップが岩手で開催されるそうでラグビーの格好をしています。

f:id:yuha_live_freely:20181028173439j:image

 

ということで平泉を目指します。

盛岡駅から平泉駅まではJRで一本。

1時間半ぐらいで到着です。

f:id:yuha_live_freely:20181029002437j:image

 

 

平泉といえば世界遺産中尊寺金色堂が有名ですが、他にも毛越寺という世界遺産もあります。

また、源義経が亡くなったとされている場所もあり、駅付近にたくさんの観光地が存在します。

 

主な観光手段として、巡回バス、レンタル自転車、タクシーがあります。

巡回バスは15分間隔で観光地を結んでいるそうなのでこれもあり。

しかし今回僕が選んだのはレンタル自転車。

 

バスを待っている時間がもったいなかったのと、自転車だと自分の行きたい順番で回れるのが大きかったです。

 

電動自転車を600円でレンタル。

f:id:yuha_live_freely:20181029000839j:image

 

というか自転車レンタルしたら手荷物無料で預かってくれるのか……。

ついさっきコインロッカーに入れちゃったよ……。

みなさんが行くときはぜひ頭に入れておいてください(笑)

 

 

まずは義経最後の地と言われてる「高館義経堂」を目指します。

平泉駅から約5分で到着。

 

高館義経

f:id:yuha_live_freely:20181029000323j:image

 

松尾芭蕉も訪れたんですね。

f:id:yuha_live_freely:20181029000432j:image

 

義経様。

f:id:yuha_live_freely:20181029000541j:image

 

高台からの眺めがとても綺麗。

すごく綺麗なところで亡くなられたんだなぁ。

f:id:yuha_live_freely:20181029000636j:image

 

次に中尊寺金色堂を目指します。

約10分で到着です。

 

中尊寺金色堂

f:id:yuha_live_freely:20181029001137j:image

いよいよ世界遺産中尊寺金色堂へ。

 

入口の近くに弁慶のお墓がありました。

最後まで義経のために戦って亡くなったそう。

でも義経のお墓と離れてるのはなんでだろう?

f:id:yuha_live_freely:20181029003017j:image

 

中尊寺は中がかなり広く、坂道も結構ありました。

とても綺麗な道。

f:id:yuha_live_freely:20181029001542j:image

 

中にはたくさんのお堂があります。

f:id:yuha_live_freely:20181029002345j:image

f:id:yuha_live_freely:20181029002414j:image

 

いよいよ金色堂

f:id:yuha_live_freely:20181029002746j:image

 

しかし残念なことに金色堂は撮影禁止だったので、せめて購入した絵はがきの写真を載せておきます(笑)

f:id:yuha_live_freely:20181029004656j:image

 

でも中はとても雰囲気のある空間で来た甲斐がありました。

 

 

ちなみに中尊寺の周りにはお土産屋や食事ができる店もあります。

f:id:yuha_live_freely:20181029003111j:image

 

中尊寺を一通り見終わったので次は毛越寺に向かいます。

自転車で約10分。

 

毛越寺

f:id:yuha_live_freely:20181029004045j:image

 

着いた頃綺麗な虹が出ていました。

f:id:yuha_live_freely:20181029003759j:image

 

f:id:yuha_live_freely:20181029004124j:image

こちらは中も撮影可能。

f:id:yuha_live_freely:20181029004152j:image

 

中を散策。

すっかり秋だなぁ。

f:id:yuha_live_freely:20181029004242j:image

f:id:yuha_live_freely:20181029004318j:image

f:id:yuha_live_freely:20181029004353j:image

f:id:yuha_live_freely:20181029004338j:image

f:id:yuha_live_freely:20181029004418j:image

 

17時過ぎに平泉駅に戻ってきました。

レンタル自転車は17時20分までに返せばオッケーと聞いていたので、時間ギリギリまで金色堂などを観光しても大丈夫です。

 

 

平泉を後にして、今日の宿がある仙台を目指します。

平泉駅から仙台駅までは、一ノ関でJRを乗り継いで2時間で着きます。

 

しかし、一ノ関にで乗り換えるはずの電車が25分遅れてやってきたため、仙台駅に着いたのは20時前でした。

f:id:yuha_live_freely:20181028235549j:image

 

さすが仙台。

都会だ! 

f:id:yuha_live_freely:20181029003942j:image

f:id:yuha_live_freely:20181029003955j:image

宮城にはまた改めて来る予定なので、今回はあえて名物や探索はスルーします。

 

今日のホテルは仙台駅から徒歩15分のところにあるロイヤルメイフラワー仙台。

f:id:yuha_live_freely:20181028235739j:image

 

1泊3000円。

f:id:yuha_live_freely:20181028235908j:image

 

 

北東北の旅も今日で終わりです。

明日の朝一で仙台空港から出発します。

東北好きだなぁ。

f:id:yuha_live_freely:20181029000058p:image

 

 

 

旅日記⑮〜青森編〜

 

昨日寝たのが遅くて朝起きるのが辛かった。

昨日22時15分に青森駅に着いた後、0時過ぎまで駅前でご飯を食べてました。

 

「居酒屋 弁慶」というお店で青森の郷土料理などを食べることができます。

f:id:yuha_live_freely:20181027211438j:image

貝焼き味噌、イカメンチ

 

f:id:yuha_live_freely:20181027211522j:image

せんべい汁

 

 

それで今朝はなかなか起きれず遅めのスタート。

まずは青森駅の目の前にある「ねぶたの家」に来ました。

 

 

ねぶたの家 ワ・ラッセ

f:id:yuha_live_freely:20181027211731j:image

 

ここではねぶたの歴史を学んだり、実際に展示されているねぶたを見ることができます。

f:id:yuha_live_freely:20181027211834j:image

 

 

f:id:yuha_live_freely:20181027211859j:image

f:id:yuha_live_freely:20181027211939j:image

f:id:yuha_live_freely:20181027212001j:image

迫力があってとても綺麗。

これが実際に動いてるところを見たくなってしまった…。

 

f:id:yuha_live_freely:20181027212019j:image

ねぶたの中はこんな作りをしてるそうです。

 

 

f:id:yuha_live_freely:20181027212152j:image

金魚型の可愛いやつもありました✨

 

 

次にねぶたの家から徒歩5分のところにある「メモリアルシップ八甲田丸」を見に来ました。

 

 

メモリアルシップ  八甲田丸

f:id:yuha_live_freely:20181027212605j:image

これは1988年まで青森と函館を結んでいた連絡船です。

今は中を開放して観光できるようになっています。

 

船内には昔の青森県の街の様子がわかる展示などもあります。

f:id:yuha_live_freely:20181027212720j:image

 

 

f:id:yuha_live_freely:20181027212851j:image

船長室やエンジン室など普段見れない場所も見ることができました。

 

当時はこんな風に電車ごと運んでいたそうです。

f:id:yuha_live_freely:20181027212913j:image

 

 

f:id:yuha_live_freely:20181027213056j:image

船のデッキから周りを一望できます。

 

 

 

f:id:yuha_live_freely:20181027213225j:image

この八甲田丸の近くにはお土産を買う場所もあります。

中は結構広くて青森県の特産品が色々置いてました。

 

 

気づけばお昼になっていたので、昼ご飯を食べに行きます。

青森駅から徒歩10分、青森魚菜センター!

青森のお昼はここで食べると決めてました。

 

 

青森魚菜センター

f:id:yuha_live_freely:20181027213558j:image

ここにはのっけ丼というメニューがあります。

のっけ丼とは、自分の好きな具材で作る海鮮丼のことです。

最初に1300円でチケットを10枚購入して、そのチケットと館内にある具材を交換していきます。

 

僕が作った海鮮丼はこちら。

f:id:yuha_live_freely:20181027213617j:image

1300円でこの量。

しかも自分の好きな具材ばかり。

最高過ぎます。

どの具材も新鮮でとても美味しかった!

 

 

お昼ご飯を食べ終わって、青森駅に向かうとおもしろいものを発見。

f:id:yuha_live_freely:20181027213809j:image

小さいりんご?見た目は完全にりんごです。

でもきっと食べられないよなぁ。

結局これの正体はわからないまま(笑)

 

 

f:id:yuha_live_freely:20181027213905j:image

こっちは間違いなくりんごです。

うん、りんごだ。

 

それともう一つ驚いたこと。

f:id:yuha_live_freely:20181027214005j:image

電車のドア横にあるボタン。

これは東北全般共通なのかな?

これで扉を開け閉めするそうです。

 

僕は中に入った後、扉を閉めるのを忘れていて向かいのおじさんが閉めてくれました。

おじさん、申し訳ありませんでした<(_ _)>

 

青森駅からJRで一駅、新青森駅に到着です。

f:id:yuha_live_freely:20181027214308j:image

 

ここでレンタカーを借りて下北半島を目指します。

昨日に続き、またまた長距離運転の始まりです。

f:id:yuha_live_freely:20181027220535p:image

 

まず最初に目指すのは恐山。

今回の旅で一番行きたかったところです。

新青森駅から車で約2時間半、恐山に到着です。

 

 

恐山

f:id:yuha_live_freely:20181027220806j:image

 

比叡山高野山と並んで日本三大霊山の一つで、三大霊山の中でも最も雰囲気のある場所だと言われています。

 

 下北半島では死んだ者の魂は恐山に行くと言われているそう。

また、イタコの口寄せなどでも有名な場所です。

 

 

f:id:yuha_live_freely:20181027221253j:image

入口の横に六大地蔵がいました。

六道それぞれを救うお地蔵さんらしいです。

 

中は結構広く、歩いて回るのは時間がかかりそう。

f:id:yuha_live_freely:20181027221331j:image

 

 

ここが地獄と言われている場所。

f:id:yuha_live_freely:20181027231729j:image

確かにこれが延々と続いてれば地獄に見えるかも。

 

幼くして亡くなってしまった子供たちを供養する場所がたくさんありました。

f:id:yuha_live_freely:20181027232245j:image

f:id:yuha_live_freely:20181027232043j:image

風で風車がカラカラ回っている様子はちょっと怖い。

 

 

f:id:yuha_live_freely:20181027232533j:image

そこら中に積まれた石。

実はこの石には意味があります。

幼くして亡くなってしまった子供たちは両親を悲しませた罪があり、地獄に落ちてしまうそうです。

その罪を償うために自分の背丈より高く石を積む必要があるらしいのですが、地獄の鬼がそれを崩してしまい、成功することはない。

それを救ってくれるのが地蔵菩薩というお話。

 

恐山では亡くなった子供を弔うために両親が石を積んでいくこともあるそうで、実際に名前が彫られた石もいくつかありました。

 

 

恐山には地獄だけじゃなく天国と呼ばれる場所もあります。

それがこの浜辺。

f:id:yuha_live_freely:20181027233725j:image

確かに水の透明度も高く綺麗な場所ですが、なんだかちょっと不気味。

向こう岸があの世に見えてきそうです。

 

恐山にまつわる話は他にもたくさんあるので興味のある方は調べてみてください!

ちなみに結構硫黄の匂いが強いので苦手な方はマスクを持っていくといいですよ。

 

恐山を後にして、本日最後の目的地。

大間崎を目指します。

 

大間崎は本州最北端の地で恐山から車で1時間半北上した場所にあります。

f:id:yuha_live_freely:20181027234057p:image

 

大間崎に着いたのは日が沈んだ16時45分頃。

 

 

大間崎

f:id:yuha_live_freely:20181027234247j:image

 

f:id:yuha_live_freely:20181027234418j:image

書いてあります。「ここ本州最北端の地」

 

九州の端である鹿児島からやってきましたよ!!!

 

天気がいい日は北海道が見えるらしいのですが、どれだ?

そもそも見えてるのかもわからない(笑)

f:id:yuha_live_freely:20181027234532j:image

 

 

近くに大きな犬がいました。

これは何犬だ?秋田犬?ちょっと違う?

とにかく可愛かったです!

f:id:yuha_live_freely:20181027234718j:image

 

荒れ狂うわんこの姿。愛らしい。

f:id:yuha_live_freely:20181027234748j:image

 

 

f:id:yuha_live_freely:20181027235028j:image

大間といえばマグロ。

大間崎の近くにもいくつか海鮮丼のお店がありました。

食べたかったのですが、時刻は17時。

ここで問題に気づく。

レンタカーの営業時間は20時まで。

Googleマップで調べるとここから新青森駅までの所要時間2時間56分。

 

 

レンタカー閉店まで3時間。

レンタカー店までの所要時間2時間56分。

 

2時間56分

かなりヤバイ!!!

 

ここから死に物狂いでハンドルを握ります。

ろくに休憩もせずに運転し続け、レンタカー店に着いたのは閉店2分前の19時58分。

ギリギリセーフです。

レンタカー店さん、ご迷惑をおかけしました。

 

ここから新幹線で盛岡まで向かいます。

約1時間。新幹線ってすごい。

f:id:yuha_live_freely:20181027235723j:image

 

盛岡駅ってかなり大きくて立派だなってのが第一印象。

 

駅前にあるお店で夜ご飯を食べます。

お店はこちら。「盛楼閣」

f:id:yuha_live_freely:20181027235847j:image

冷麺が有名なお店です。

 

頼んだのは焼肉定食、ホルモン(マルチョウ)、冷麺。

f:id:yuha_live_freely:20181028000109j:image

f:id:yuha_live_freely:20181028000127j:image

冷麺初めて食べました。

焼肉の後に食べるとサッパリするのでおすすめ。

辛さを選べたのですが、普通だとほとんど辛みを感じないのでよほど辛さに弱い人以外は中辛以上をオススメします。

ちなみに僕は辛さに弱いです笑

 

今夜の宿は盛岡駅から車で7分、ホテル小田島。

1泊6100円と僕の中ではかなりお高め。

f:id:yuha_live_freely:20181028000405j:image

f:id:yuha_live_freely:20181028000415j:image

ここチェックアウトが11時と遅めなのが地味にありがたい。

 

いよいよ北東北旅にも終わりが見えてきたな。

最後まで楽しもう!

f:id:yuha_live_freely:20181028000614p:image

 

旅日記⑭〜秋田・青森編〜

今日、最初の目的地は秋田の男鹿半島にある「なまはげ館」。

 

 

f:id:yuha_live_freely:20181026215112p:image

ここが男鹿半島

男鹿半島にはバスなどでも行けるのですが、本数が少ないのと利便性が悪いのでレンタカーを選択。

 

車で走ってると巨大なまはげがお出迎え。

近くの道の駅に車を止めて撮影タイム!

f:id:yuha_live_freely:20181026205301j:image

テンションが上がりました。

 

秋田駅を出てから約1時間でなまはげ館に到着!

 

なまはげ

f:id:yuha_live_freely:20181026205416j:image

ここに来るまでの道がどんどん山の中に入っていく感じがする道だったので雰囲気があります。

本当に山奥になまはげが生息してるんじゃないかと思えるぐらいに(笑)

 

中は展示エリアと伝承館に分かれており、展示エリアにはなまはげの歴史紹介やなまはげ体験コーナー、大量のなまはげの人形などがあります。

 

f:id:yuha_live_freely:20181026205919j:image

近くで見ると迫力がありますね。

 

f:id:yuha_live_freely:20181026205745j:image

f:id:yuha_live_freely:20181026205729j:image

1匹ちょっとマヌケそうななまはげを発見しました(笑)

f:id:yuha_live_freely:20181026205830j:image

 

 

伝承館では実際に大晦日なまはげの訪問を体験できるとのことなので体験してきました!

f:id:yuha_live_freely:20181026210452j:image

 

荒れ狂うなまはげの写真

f:id:yuha_live_freely:20181026210047j:image

 

ガタガタ襖の音を立て、ドシドシ足音を立てて入ってくるのでなかなか恐怖です。

 

低い声でうなるように話すのでこれまた怖い。

 

悪い子や怠け者を探し回った後に、家主と今年1年の出来事を振り返り、話し合うんだそうです。

農作物の出来、家族のことなどを話していました。

f:id:yuha_live_freely:20181026210344j:image

 

とても貴重な体験になるのでオススメです!

 

伝承館の横に軽食を食べられる場所もあります。

f:id:yuha_live_freely:20181026210604j:image

 

メニューはこんな感じ。

f:id:yuha_live_freely:20181026210627j:image

 

僕は鮭のおにぎりと味噌汁、御幣餅を注文。

f:id:yuha_live_freely:20181026210744j:image

f:id:yuha_live_freely:20181026210749j:image

御幣餅はきりたんぽに似た餅で味噌を付けて食べました!

全部手作りでとても美味しかった(^-^)

 

 

食べ終わるとまた運転です。

次の目的地は青森県の十二湖。

十二湖は世界遺産白神山地にある複数の湖です。

 

男鹿半島からだと車で2時間ぐらい日本海側を走ることになりますが、これがなかなかしんどい。

 

ですが、景色は綺麗です。

f:id:yuha_live_freely:20181026211124j:image

もしかしたら日本海を見たのは初めてかも……。

 

 

青池(白神山地

ヘロヘロになりながら十二湖の近くにある駐車場に到着。

f:id:yuha_live_freely:20181026214124j:image

 

山道で車幅は狭いし、歩いてる観光客は多いし、道はわかりにくいしで運転に慣れてない方はちょっとやめといた方がいいかも……。

僕も途中で道に迷い、しばらくさまよってしまいました。

 

一応電車やバスでも来れることは来れるようです。

※ただし、本数は少ないですし、時間もかかります。

 

 

十二湖全部を回る時間はないので、今回は特に人気のある青池と呼ばれる池に行くことにしました!

その名のとおり青い色をした池です。

駐車場から歩いて10分ほどで到着。

 

f:id:yuha_live_freely:20181026212034j:image

落ち葉がたくさん浮いてしまってますが、すごく綺麗。

池が青い理由は解明されていないのだとか。

自然って不思議ですね。

 

 

山は紅葉が始まっており、こちらも綺麗でした。

f:id:yuha_live_freely:20181026212124j:image

 

 

青池を後にして、次なる目的地である不老ふ死温泉に向かいます。

 

だいたい車で25分ぐらい。

 

 

不老ふ死温泉

f:id:yuha_live_freely:20181026212305j:image

 

この温泉の特徴はお湯が茶色いこと。

写真は撮っていないのですが、本当に濃い茶色をしています。

 

もう一つ特徴的なのは上の写真にあるとおり、海の側に露天風呂があること。

 

海の側というか、もう海の中(笑)

 

建物の中から石の通路を渡り、露天風呂に向かうのですが、露天風呂にはシャワー等はありません。

なので、内風呂で体を洗ってから一度服を着て、男女共通の通路を通り、露天風呂に向かい、露天風呂の脇で服を脱いで入ることになります。

 

この温泉開放感がすごいです。

まず内風呂は男湯、女湯ともに大きなガラス張りで中から海が見えます。

海が見えるのと同時に、外の駐車場にいるお客さんも見えます(笑)

ガラスの一部(膝上ぐらいから首下ぐらいまで)が透けない仕様になっているのですが、しゃがんだりしたら普通に丸見えです。

 

そして露天風呂ですが、混浴と女湯があり、仕切りは岩の壁が1枚あるのみ。

しかもそこまで高くない。

 

実際、女湯にいる人とバッチリ目が合いました。

というかこれ駐車場からも見えそうだぞ……。

 

しかも露天風呂に向かう男女共通通路にバスタオルを体に巻いただけの女の人が普通に歩いててびっくり。

 

この温泉、景色は最高だけど苦手な人もいるかもしれませんのでご注意を。

 

 

そんなこんなで温泉に入った後の眠気と戦いながら秋田駅まで2時間半かけて戻りました。

 

今日中に青森に入っておきたかったので、秋田駅でお土産を急いで購入し、JR特急つがるの最終便に乗り、22時15分頃に青森駅に到着です。

f:id:yuha_live_freely:20181026222454j:image

 

 

今日の宿はこちら。

青森駅から徒歩1分ホテルニュームラコシ

部屋のトイレの流れが悪いという訳あり案件で1泊2700円。

f:id:yuha_live_freely:20181026222712j:image

f:id:yuha_live_freely:20181026223158j:image

 

今日は長距離運転でとても疲れました。

(明日もレンタカーで長距離運転する予定ですが)

 

それではまた明日!

f:id:yuha_live_freely:20181026221744p:image

 

 

旅日記⑬〜秋田編〜

みなさんお久しぶりです!ゆうはです!(^o^)

 

今日から5連休なので秋田、青森、岩手の北東北3県を回る旅スタートです!

 

僕の地元から秋田には直通便がないので羽田で乗り換えて行きました!

 

初めての東北。

f:id:yuha_live_freely:20181026011932j:image

 

やっぱり九州、東京と比べると寒い。

 

家を出たのは午前中だったのに秋田に着いたのは15時過ぎ。

 

空港の中は秋田感満載。

f:id:yuha_live_freely:20181026013258j:image

秋田犬可愛すぎる…。

f:id:yuha_live_freely:20181026013328j:image

f:id:yuha_live_freely:20181026013342j:image

 

バスで秋田駅に向かいます。

f:id:yuha_live_freely:20181026013402j:image

f:id:yuha_live_freely:20181026013510j:image

 

もう夜なのでほとんどの観光地は閉まってます。

とりあえず夜でも開いてるポートタワーを目指します!

 

 

ポートタワー

f:id:yuha_live_freely:20181026013723j:image

アクセス:秋田駅からJRで土崎駅へ。

                土崎駅からはバスorタクシーor徒歩

 

ここ入場料無料なんです。

上から景色を眺めてると大きな船が目に入ったので行ってみることに。

f:id:yuha_live_freely:20181026013915j:image

 

 

f:id:yuha_live_freely:20181026013940j:image

これは日本の客船、飛鳥IIです。

乗客のほとんどは日本人。夜に見ると綺麗ですね!

 

港では地元の人たちが出港セレモニーを行っていました。

秋田では提灯?を下げる文化があるんですかね。

f:id:yuha_live_freely:20181026014055j:image

 

帰り道に土崎みなと歴史伝承館という建物の中を通ったのですが、中に大きな神輿のようなものが。

f:id:yuha_live_freely:20181026014445j:image

これはいったいなんなんだろう?

 

 

秋田駅に戻って夜ご飯を食べます。

駅前の秋田きりたんぽ屋というお店にしました。

f:id:yuha_live_freely:20181026014551j:image

 

このお店は秋田の名物や郷土料理を多く取り扱ってるお店でした!

 

f:id:yuha_live_freely:20181026014632j:image  

初めて見た巨大なきりたんぽ。

 

 

きりたんぽ鍋、ハタハタの唐揚げ等を注文。

f:id:yuha_live_freely:20181026014713j:image

f:id:yuha_live_freely:20181026014716j:image

 

きりたんぽって不思議な食べ物ですね!笑

お米でもないしお餅でもないし。

この寒さだとお鍋を食べる機会が増えそう。

 

きりたんぽ鍋を注文した人にはきりたんぽにまつわる紙芝居を秋田弁で読んでくれるサービスを行っているそうなのでお願いしました!

f:id:yuha_live_freely:20181026014937j:image

 

7割何を言ってるのかわかりません(笑)

必死に字幕を見て内容を理解しました。

 

秋田弁って可愛い。

 

今日のホテルはこちら。

秋田駅から徒歩15分ぐらいです。

f:id:yuha_live_freely:20181026015130j:image

 

宿泊料4000円で大浴場付き!

 

明日はレンタカーを長距離運転する予定なので今日は寝ます!

 

おやすみなさい!

f:id:yuha_live_freely:20181026015419p:image

 

 

シリウス

 

f:id:yuha_live_freely:20181021022000j:image

終わらない夜を何度繰り返しても

追いつけない光

月の裏側に消えた星はもう光らない

 


偶然な思い出に不器用な贈り物   

言葉になおすにはちょっと足りなくて

 


夏が残した心は雪を知って

次の夏を焦がれ待つ

回り道をした日に見つけたスターチスの花を

大事にしようと誓った日

 


シリウスの光が消えないように

厚い雲が遮らないように

永遠に続くその光を愛おしく思う

 

 

 

なんでもないことで笑う横顔で

薄れていく苦い日々

淡い色をしたオーロラで目を覚ます

 


言葉はすぐに忘れてしまうから

形あるもので伝えようとしたこと

 


眩しすぎる星に目が眩みそうになっても

相変わらずまっすぐに見るよ

離れたくないとそう望んだ心を

守ることで強くなれたから

 


シリウスの光が消えないように

輝くことを忘れないように

永遠に続くその光を愛おしく思う